敏感肌用美白化粧品を使うメリット:バリア機能を強化できる!

美白化粧品は乾燥するとか、刺激が強いというイメージがありますよね。


実際その通りで医薬部外品の美白成分は刺激が強いですし、バリア機能をゆるめて浸透させる分、肌が乾燥してしまうということが美白化粧品のデメリットだったわけです。 そのため肌が弱い人、つまり敏感肌の人はそもそも美白しようにも美白化粧品が使えないということが多かったんです。


しかし、それも過去のことになりつつあります。


ここ最近、敏感肌ブランドからどんどん美白化粧品が販売されていて、セラミド入りで肌のバリア機能を強化しつつ、保湿もできるという高性能の美白化粧品が増えているんですね。 「肌を外部刺激から保護しながらセラミドの高保湿でバリア機能を強化し、美白成分が効く肌状態に整えてから美白する」というアプローチで敏感肌でも美白できることができるようになっているんです。


敏感肌用の美白化粧品を使えば、肌が弱いから美白は諦めていたという人も思いきり美白することができます。 もちろん、普通肌の人にとっても肌への負担やセラミド保湿しながら美白できるというメリット考えるとを考えると敏感肌用の美白化粧品を使いみちがあると思います。

敏感肌用の美白化粧品はどれがおすすめ!?

敏感肌用の美白化粧品というのはお伝えしたとおり、まずはセラミドなどのバリア機能を強化してくれる有効成分で美白できるお肌の下地を作り、 それから美白成分を効かせるという2ステップのアプローチをします。


アルージェやキュレルといった敏感肌ブランドから販売されている美白化粧品は基本的にこの2ステップで美白するんですが、ディセンシアという敏感肌ブランドだけは さらにもう1つ「肌を保護する」という機能があり、他の敏感肌ブランドとは一線を画す感じなんですね。


肌を保護するというのはどういうことかというとディセンシア独自の保護膜形成技術というのがあり、それが弱ったバリア機能を保護してくれるというものです。 セラミドを補給してもバリア機能が強化されるまである程度の時間がかかり、それまではやはり肌というのは刺激に弱く、乾燥しやすい状態です。


しかし、ディセンシアの場合は、バリア機能の代わりをしてくれる保護膜を肌表面に形成するので、肌に塗布した瞬間から外部刺激をシャットアウトし、 同時に肌内部の水分蒸発も防ぐということができるので、バリア機能が整うまでの間も刺激や肌の乾燥の心配をしなくてもいいんです。


ディセンシアの美白化粧品のなかでこの「保護×高保湿×美白効果」という3つの機能を持つのはクリームだそうです。資生堂のHAKUやSK-Ⅱに負けず劣らずバカ売れしているアイテムなので是非チェックしてみてください。


お試しセットをチェック! ディセンシアの美白の全貌はコチラ
Copyright © 2013 美白&保湿に効果のあるクリーム<Best3>~白潤肌部調べ· All Rights Reserved·